バレエ洋裁工房を作る理由

バレリーナのための洋裁工房アトリエアンドゥ
オーナーの安藤みのりです。

これまでの私は平日に、趣味の域を脱しない自宅ネイルサロンと、週2~3日アルバイトをしていました。

でもコロナで営業自粛&自宅待機になり、家族みんなで引きこもりの日々。

バレエを習っている3人の子どもたちのが家で練習できるようにバレエレッスン用のバーをDIYしたり、小さな畑を耕したりして過ごしていましたが、正直時間を持て余していました。

しばらくしてとてもありがたいことに、バレエ教室が感染対策を徹底してレッスンを再開してくださいました。

クラスの入れ替わりで更衣室が密にならないよう、レッスンが終わったらすぐに服を着て教室を出ないといけません。

そのとき、まだボタンをとめられないような小さな子供でも自分ひとりでサッと着られるワンピースってなかなか売ってないな、ないなら自分で作れないかなと思いました。

以前から洋裁には興味があり、何年も前にどこかで習えないか検索をしていたのですが、その頃はいいなと思える教室がありませんでした。

でも今回はググったらすぐに、私にピッタリと思える教室が、それも家のすぐ近くに見つかったのです。

すぐにでも習いたい!と思いましたがやはりコロナの影響で教室はお休み、生徒さんの新規募集もされておらず、でもいてもたってもいられず新規募集を再開されたらとにかく一番に入会したくて先生にメールを送りました。そして再開後一番に入会させていただきました笑

その頃はまだ、せっかく洋裁を教わるなら同じようにバレエやその他着替えが必要な習い事をしているお子さんのために、ワンピースの販売をしたいな、他にも何か役に立つものは作れないかな、くらいに思っていました。

それから数日して、小学生の長女がポツリと「学校とかに着て行っても恥ずかしくないバレエショーツがあればいいのに…」と言いました。

アンテナを張り巡らせていた私の頭はビビビビビ‼‼‼‼‼と反応しました!

そうやんね!毎日レッスン行くのにバレエショーツで朝から学校行ったら体操着に着替えるときとか恥ずかしいやんね!でもネットで検索したって世界中どこにも、ベージュ一色のバレエショーツくらいしか売ってへんよね!だったらママが、品質も履き心地も見た目も恥ずかしくないバレエショーツ作ったる!発表会やコンクール本番は無理でも、普段のレッスンでちゃんとはみ出さへん、透けへん、でも恥ずかしくない、品質も履き心地も最高のショーツ、作ったる!!(実は関西人です)

間違いなくそこで私完全にやる気スイッチが入りました。

またその頃、アルバイト先がコロナの影響で閉店することになりました。とても良い環境だったので一瞬凹みましたが、でもこれはバレリーナのための洋裁を始めるむしろチャンスだ!と思ったのです。

私がお世話になっている洋裁の先生は、RaspberryGirl®の田川恵理子先生です。先生は私以上に情熱的で、洋裁の技術・知識が半端なく、作ってこられたお洋服の数も半端じゃなく、経営についても知識豊富で更に常に勉強を続けておられ、尊敬しかありません。

先生に出会えていなかったらおそらくここまでやるって覚悟をできなかったと思います。

ただ、気持ちを強く、強すぎるくらい強く持つと、不思議と周りの環境も整ってなぜか全てが面白いくらいに望みどおり叶っていくものですね。この数ヶ月でそんな不思議体験をいくつもしました。先生を通じて、必要としていた学びや環境も得ることができました。

私はまだ具体的に何も生み出せていません。ただ1年後と決めたOpenには、それまでにひたすら学び、技術を高め、アイデアを形にし、更にアイデアを出してまた形にし、他にはないAtelier Un Deuxの製品を世に送り出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA