バレエ用品の販売を開始しました

松本市のバレリーナのための洋裁工房アトリエアンドゥ
オーナーの安藤みのりです。

梅雨も明けないうちから猛暑日が続きますね。 私は汗っかきなので、大人バレエのレッスンで既に汗だくになっています。

最近ニュースでしばしば、大人からバレエを始める人が、特に年配の方が増えていると見聞きします。優雅な気分になれるバレエを趣味にして所作もシルエットも美しく、心身共に健康になれたら、一石二鳥どころか三鳥四鳥にもなれますね。愛してやまないバレエの人口が増えたら私もとても嬉しいです^_^

バレエ用品の仕入れ販売を開始しました

バレエ洋裁工房を掲げる当アトリエですが、SNSで発信を始めた当初からいただいてきたご反応の中に、バレエ用品の販売を求められていることを少なからず感じてきました。

思えば、私がバレエ洋裁を始めようと思ったキッカケも地域にバレエ用品店がなかったからでした。 どうしてもっと早く始められなかったのかと若干の反省もしつつ、商品を少しずつ増やしていっています。取扱商品は随時インスタグラムに載せていますので、よろしければご覧ください。 また、取扱商品のリクエストもぜひお寄せください。

必要なときにすぐ買える、手にとって納得して買えること

我が家では今現在3人がバレエを習っていますが、よく困ることが気づいたらストックしていたはずの消耗品が無い、まだ使えるはずなのにだめになった、インターネットで買ったら思っていたのと違った、といったアクシデントです。

シニヨンのネットが破れたのにストックがない、シューズのリボンが破れた、シューズのリボンを切りすぎた、シューズのゴムの付け方や位置が合わない、シューズとリボンの色が合わなかった、などなど…

こういったときでも、長野県ではインターネットでの注文になるので届くまでに時間がかかってしまいます。

必要なものがすぐに、手にとって納得して買える。当アトリエはそんなバレリーナの安心できるお店でありたいと思います。

シニヨンネット1つだけのご購入希望でも大歓迎ですので、お気軽にアトリエに起こしください。

オンラインショップOPENしました

松本市のバレリーナのための洋裁工房アトリエアンドゥ
オーナーの安藤みのりです。

アトリエに続き、オンラインショップがOPENしました。ホームページからも入っていただけますのでぜひご覧ください。

現在レディースフリーサイズの巻きスカート「エレガントシリーズ」を春夏向けに4柄掲載しています。

「エレガントシリーズ」のこだわりポイント

バックスタイルは少し長めに、ドレープをたっぷりつけてリボンとともにエレガントなスタイルにしました。

フロントスタイルは逆にドレープをなくし、お腹周りをスッキリ細く見えるようにしています。

また、巻きのリボンには既成のリボンは使用せず、スカートと同じ布で仕立てています。手間はかかりますが、既成のリボンはツルツルしているものだとどうしても滑りやすく、踊っていると縦横にずれてしまいますし、ツヤのないリボンはエレガントさに欠けるからです。

秋冬でしたらベロア調のリボンを使用したらズレなくて良いかもしれませんね^ ^

生みの苦しみと喜び ~mustよりもwantの心を大切に~

新しい商品を作るには、そこに至るストーリーがたくさんあり苦しいこともたくさんありますが、こだわりのものができあがったときの喜びでその全てが報われて吹き飛びます。

私は行き詰っていたときに経営のご指導をいただいた方から、「mustよりもwantの心で動かないとしんどいですよ」と言われた言葉をずっと大切にしています。

もちろん仕事ですから責任は伴いますが、must>wantに自分を追い込んでしまうと、苦しくなりますし、一生懸命やっているのに良いものを生み出せなくなります。

仕事でも育児でもそうですが、must<wantで動いたほうが、よりよい成果を生むことを身をもって実感しました。

バレエのレッスンが今まで以上にウキウキ楽しくなるようなウェアを!と思いながら”~しなければならない”と考えてガチガチに仕事してる人に、ウキウキする商品は作れないですよね(汗)

バレエとは直接関係がないかもしれませんが・・・

ウキウキしながらまもなく発表する次の商品は、今の生活に欠かせないアレです。

”アレ”をですね、ウェディングドレスにも使用される繊細で丈夫な生地を使用し仕立てました。

どこを探してもなかったので、「ないなら作ろう!」となりました。これが私の基本姿勢ですし、アトリエを始めたきっかけでもありました。

近日公開です。ぜひご期待ください♪

”あったらいいな”に答えるとは

松本市のバレリーナのための洋裁工房 アトリエアンドゥ
オーナーの安藤みのりです。

 Instagramは度々投稿していますが、ブログはご無沙汰しておりました。日々、師匠や沢山の方々のお力添えをいただき勉強させていただいていますが、なかなか思ったことを文章で表現するということは簡単ではないですね。

 バレリーナの”こんなものがあったらいいな”の声に洋裁で答えたい!と思い立って早数ヶ月。

”あったらいいな”と思うものとはなんなのか、既存のバレエグッズの改良版なのか、全く新しい開発商品なのか。そもそも商品を仕立てて販売すればそれは叶うのか、というところから考えさせられています。

いただいたお声をカタチに仕立てて販売を始めることがスタートだと思っていましたが、自分の考えも及ばなかったヒントをいただき、え?それ本当に私にできるのかな?と思ったことも。

 バレリーナのためなのかバレリーナのママのためなのか。レオタードや衣装を着て踊るのはバレリーナだけなのか。全国の人のことを考えるのか近くの人のためを思うのか。

どれも正解・間違いと括れるものではないですが、まずは身近な人の声に答えていきたいと思うようになりました。

 知り合いのバレエ関係の方から「インスタ見ました!」とか「応援してるよ!」とたまにお声がけいただけることがあります。本当に嬉しくて嬉しくてこの方だったらどんな商品、サービスがあったら笑顔になられるかな?と考えます。

また「孫が新体操をやっていて娘が毎回レオタードを作るのが大変と言ってるんだよ」といった声もいただきました。私にできることは大量生産ではなくオーダーメイドです。だからこそ、小さな声に確実に答えたい、答えないといけないと思っています。

そのために毎日技術習得も必死です(ぜひInstagramもご覧ください)。

 長野が、そして日本が、もっともっと文化・芸術が発展し、人の心がより豊かになる。大好きな洋裁とバレエで私もちょっとそのお手伝いができたら、こんなに嬉しいことはありません。

 ”あったらいいな”に答えるとはどういうことか。それは小さな工房にとって大切な問いとしていつも心に刻んでおきたいと思っています。