”あったらいいな”に答えるとは

松本市のバレリーナのための洋裁工房 アトリエアンドゥ
オーナーの安藤みのりです。

 Instagramは度々投稿していますが、ブログはご無沙汰しておりました。日々、師匠や沢山の方々のお力添えをいただき勉強させていただいていますが、なかなか思ったことを文章で表現するということは簡単ではないですね。

 バレリーナの”こんなものがあったらいいな”の声に洋裁で答えたい!と思い立って早数ヶ月。

”あったらいいな”と思うものとはなんなのか、既存のバレエグッズの改良版なのか、全く新しい開発商品なのか。そもそも商品を仕立てて販売すればそれは叶うのか、というところから考えさせられています。

いただいたお声をカタチに仕立てて販売を始めることがスタートだと思っていましたが、自分の考えも及ばなかったヒントをいただき、え?それ本当に私にできるのかな?と思ったことも。

 バレリーナのためなのかバレリーナのママのためなのか。レオタードや衣装を着て踊るのはバレリーナだけなのか。全国の人のことを考えるのか近くの人のためを思うのか。

どれも正解・間違いと括れるものではないですが、まずは身近な人の声に答えていきたいと思うようになりました。

 知り合いのバレエ関係の方から「インスタ見ました!」とか「応援してるよ!」とたまにお声がけいただけることがあります。本当に嬉しくて嬉しくてこの方だったらどんな商品、サービスがあったら笑顔になられるかな?と考えます。

また「孫が新体操をやっていて娘が毎回レオタードを作るのが大変と言ってるんだよ」といった声もいただきました。私にできることは大量生産ではなくオーダーメイドです。だからこそ、小さな声に確実に答えたい、答えないといけないと思っています。

そのために毎日技術習得も必死です(ぜひInstagramもご覧ください)。

 長野が、そして日本が、もっともっと文化・芸術が発展し、人の心がより豊かになる。大好きな洋裁とバレエで私もちょっとそのお手伝いができたら、こんなに嬉しいことはありません。

 ”あったらいいな”に答えるとはどういうことか。それは小さな工房にとって大切な問いとしていつも心に刻んでおきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA